スポンサーサイト

  • 2019.07.28 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    タカノ ノベルティー/BRIDGESTONE 17石

    • 2019.07.28 Sunday
    • 22:22

    JUGEMテーマ:腕時計

    タカノのノベルティー時計、ブリジストン 17石 です。

    希少種だがダイヤルがツートンカラーのレコード溝柄で更に希少なデザインの

    逸品になると思われます。

     

     

    タカノの金メッキケースとしてはダメージが少なくて美しい方だと思います。

     

     

    ムーブメントは、cal.211 17石 

     

     

    地板に刻印された211の文字。でも耐震装置はニュートロショック。

    トンボ本によれば、cal.211はルビーニュートロの組み合わせになるはずなので

    珍しい?もしくは移植された?のかな。謎です・・・

     

    Citizen Young Seven 23石

    • 2019.07.13 Saturday
    • 22:44

    JUGEMテーマ:腕時計

    シチズンの珍しい手巻き時計です。

     

     

    自動巻き時計が全盛のさなかに敢えて投入された手巻きの時計ということで

    謎の多い機種です。

     

    12時下セブンマークとPARAとWATERの間の40Mが青色だが、

    光の角度によっては黒色に見える不思議な塗料です。

     

     

    ムーブメントもあまりお目にかからないものです。

    Cal.5270

    イメージとしては、セイコー スポーツマン Diashock 17石

    の「総受け」に近いかな?

     

    こちらも精度がしっかり出ている優秀な機械です。

    リコー ダイナミックオート 33石 SS側 ノンデート

    • 2019.05.04 Saturday
    • 20:00

    JUGEMテーマ:腕時計

    ダイナミックオートの中でも希少種のノンデートタイプです。

     

    1963年に発売開始ということなので56歳! 同い年です!

     

     

    文字盤の状態が残念なので、この大型連休を機会に以前入手した未使用品と

    交換しようと思います!

     

     

    裏蓋の様子。非防水の次期型形状。

     

     

    cal.54610

    トンボ本によると「54系」23石に10石を加えた33石(6=日付なし)自動巻

    を表すそうです。

     

     

    まずはローターを取り外します。

     

     

    次に竜頭を抜きます。

     

     

    続いて側止めとネジを取り外します。

    ここでカレンダー付き機械とは明らかに違うということに気がつきました。

     

     

    あとはひっくり返して風防を外せば機械が取り出せます。

     

     

    右側が以前入手した文字盤。

    ここで針を取り外しておきます。

     

     

    裏向きにして文字盤を外す段階ですが、ここでcal.54610の特徴のムーブメント

    とケースとの隙間を埋めるアタッチメントリングが干支止めネジ式に付いている

    ので2段階で外すという作業になります。

     

     

    無事に文字盤を外すことが出来ました!

    日の裏側の状態もまずまずです。

     

     

    新たな文字盤を装着します。

     

     

    ケース類も56年分の汚れをきれいにしてから・・・

     

     

    機械をセットして竜頭を慎重に入れます。

    実はこの作業が一番緊張する!

     

     

    最後に側止めネジで押さえてローターを戻せば一安心です。

     

     

    ひっくり返して針をセットして(日付無し時計は気楽に付けられる!)

    風防を取り付けて完成です!

     

    精度調整も緩急針で可能な範囲だったので日常使用できると思います。

    リコー ダイナミック ヴァンガード 25石

    • 2019.02.10 Sunday
    • 20:40

    JUGEMテーマ:腕時計

    リコーダイナミックワイドシリーズの中で特別仕様モデルである

    リコー Ridash 25石

    を以前紹介しましたが、これもまた特別仕様になると思われます。

     

     

    ダイナミック ヴァンガード 25石

     

    通常のダイナミックワイドは、12時下のマークが W だが、

    このモデルは A になっている。

    なんの頭文字だろうか?

     

    文字盤のデザインはダイナミックワイドに近いが、何故かこちらの方が

    かっこよく見える気がする。

     

     

    中の機械はやはりダイナミックワイドと同じものだった。

     

    ただ状態は極めて上々で、リューズ操作は軽快、手巻きもスムーズに巻けるし

    カレンダーのクイックチェンジも不安なく行える。

     

    ここまで良い状態はオールドリコー時計では珍しいと思う。

    これから先も丁寧にメンテナンスしながら使って行きたいと思わせる逸品だ。

    シチズン 17石 パラショック パラウォーター

    • 2018.10.25 Thursday
    • 21:23

    JUGEMテーマ:腕時計

    シチズン 17石 デイト付き 手巻き時計

    とってもオーソドックスでシンプル。奇をてらわないデザイン。

     

    だが、そこが良いんです(笑)

     

     

    細部までしっかり作り込まれていて、いつまで見てても飽きがこない。

    うんっ。

    実に良い!

     

     

    ムーブメントもシンプルで快調でこちらも良いぞ〜!

     

    cal.1802 17石

     

    なんと!シチズンの名機ホーマーの機械がそのまま入っていた!

     

    ケースはホーマーよりも一回り小さく小ぶりで重量も軽く、とっても

    使いやすく作られている。

    長く使い続けるのに適したサイズであり、機能であり、デザインなのだ。

     

    本当に良い腕時計というものを考えるとこうなるのかも知れない。

    と、思わせる逸品です。

    ひたち海浜公園のコキア

    • 2018.10.23 Tuesday
    • 21:22

    JUGEMテーマ:自然風景

    国営ひたち海浜公園のコキアの紅葉が見ごろというので見てきました。

     

     

    コキアという名前自体を今まで聞いたことがなかったので、多分今回初めて

    見たということになるのかな。

     

     

    この広さにこのモフモフ感は圧巻でした!ってか人の多さにも驚き!

     

     

    コキア以外の植物もいっぱいありました。

     

     

    秋桜もきれいでしたよ〜!

     

     

     

     

     

    セイコー ローレル 17石

    • 2018.10.20 Saturday
    • 21:22

    JUGEMテーマ:腕時計

    珍しくというか久しぶりのSEIKO時計です。

     

    1960年製造の セイコー ローレル

     

     

    名機マーベルの後継機で、より価格をおさえた機種のようです。

     

     

    ムーブメントは11型、cal.なし、マーベルの機械とほぼ同じだが一部の仕上げ

    が簡素化している。

    角穴車、丸穴車に面取り加工処理はなく、緩急針まわりはシンプルだ。

     

    それでも性能的には何も問題はなく、日差もリザーブも日常使用で十分に

    使えるレベルにある。満足な逸品です。

     

     

     

     

    中華料理 石田屋 水戸藩らーめん

    • 2018.10.18 Thursday
    • 21:42

    JUGEMテーマ:ラーメン

    水戸市にある中華料理「石田屋」

     

    大通りからやや離れた住宅街の中にあるのでちょっと見つけにくい。

     

     

    初めて店に入るのにもちょっと勇気が必要かな?

    中華料理店の雰囲気は、無い。

     

    だが店内はアットホームで店主夫婦と娘さんで厨房を切り盛りしていた。

     

     

    店内には黄門様が食べたラーメンの説明書きが掲げられている。

     

    もちろん料理が提供される時も店主が説明してくれる。

     

     

    水戸藩らーめん ¥800円

     

    食べる前に添えられている「五辛」をすべて投入してから頂くそうだ。

     

    やはり昔テレビ見た黄門様の顔を思い浮かべながら食べるのがいいのだろう。

     

    もちろん今どきの味ではないが、これはこれで美味しいと思う。

     

    ごちそうさまでした。

    タカノ シニアー 19石

    • 2018.10.16 Tuesday
    • 23:00

    JUGEMテーマ:腕時計

    1958年(昭和33年)12月より発売された、タカノ「シニアー」

     

     

    タカノのラコ型中級機種「スーパー」の上位機種として製造された。

     

     

    ムーブメントはバラ色金メッキの処理がされており美しい。

    cal.331 19石 チラネジ式テンプ 見るからに高級感がある。

     

    パーツの仕上げをひとつひとつじっくり見ても非常に手が込んでいるのが

    分かる。高品質のものは見ていて飽きないものなんだなぁ〜、と改めて

    思います。

     

    さて、タカノのラコ型で未だこの目で見てない機種は、

    スーペリオデラックス 23石 cal.321 だけになったが

    果たして目の当たりにできる日は来るのであろうか?

     

     

     

     

     

     

    柄にもなく聖地巡礼

    • 2018.10.14 Sunday
    • 22:00

    JUGEMテーマ:音楽

    阿修羅のようだと例えた森高千里さんの聖地のひとつ

     

    渡良瀬橋に行ってきました。

     

     

    栃木県足利市です。

     

     

    天気が良い日でしたが、夕日の時間にはまだ早かった。

     

     

    渡良瀬橋の石碑には同じく巡礼の方々が見えてましたよ。

     

     

    やはりここまで来たら千里さんの歌声を聞きたくなりますね。

    ってかそれが目的です!

     

    この横断歩道のような押しボタンをポチっとな!

     

    で、流れてきます。美しい歌声が・・・

     

    渡良瀬川を目の前にして聞く渡良瀬橋は格別ですね。

    幸せなひと時を感じさせてもらいました。

     

    それにしても森高千里さん、精力的な活動に拍車がかかってますね。

    来年はついに20年ぶりの全国コンサートツアー開始!ですか。

     

    やはり森高千里は阿修羅であった。